粘着テープ | テープ | 粘着 | JATMA

日本粘着テープ工業会 jatmaホーム 日本粘着テープ工業会 JATMA 工業会ニュース 日本粘着テープ工業会 JATMA 工業会概要 日本粘着テープ工業会 JATMA 会員紹介 日本粘着テープ工業会 JATMA お問い合わせ
 
 
日本粘着テープ工業会事業概要
事業活動の詳細
事業活動の詳細
環境問題への取り組み
JISへの取り組み
日本粘着テープ工業会刊行物
 
       
 
 
     
   
JIS(日本工業規格)の概要
日本工業規格(Japanese Industrial Standards 略してJIS)は、
"工業標準化法"に基づいて主務大臣によって制定される我が国の
鉱工業品に関する国家規格である。その目的は、工業標準化法第1条により
 ・鉱工業品の品質改善
 ・生産能率の増進、生産合理化
 ・取引の単純公正化
 ・使用または消費者の合理化と併せて公共の福祉
等に寄与することである。
     
     
日本粘着テープ工業会(略:日粘工)のJISへの取り組み
1) 日粘工は、粘着テープに関するJIS規格作成の原案作成団体である。
2) 制定済みJIS
   ・12種のJISを制定、管掌している。
 
規格No 名称 制定年月
JIS Z0237 粘着テープ・粘着シート試験方法 1980/3/1
JIS Z1522 セロハン粘着テープ 1964/2/1
JIS Z1523 紙粘着テープ 1964/9/1
JIS Z1524 包装用布粘着テープ 1965/9/1
JIS Z1525 包装用ポリ塩化ビニル粘着テープ 1966/1/1
JIS Z1528 両面粘着テープ 1973/3/1
JIS Z1529 印刷用粘着フィルム 1975/3/1
JIS Z1538 印刷用粘着紙 1974/3/1
JIS Z1539 包装用ポリプロピレン粘着テープ 1976/3/1
JIS Z1541 超強力両面粘着テープ 1998/12/20
JIS Z1901 防食用ポリ塩化ビニル粘着テープ 1963/3/1
JIS Z0109 粘着テープ・粘着シート用語 1992/8/1
 
     

※JIS 改正及び廃止
 JISは、工業標準化法第15条の規定で制定、改正後5年を
 経過する日までに見直しを実施する必要がある。
 ・JIS Z1525 包装用ポリ塩化ビニル粘着テープについては、
  現在国内で製造しているメーカーはなく廃止検討中。
 ・JIS Z0109 粘着テープ・粘着シート用語は新たな用語を
  含め見直しを実施し、2015年10月20日に改正版が発行されました。

3)国際規格の動向
 日粘工は、海外では通称JATMAと呼ばれているが、PSTC(米国の工業会)、
 AFERA(欧州の工業会)、およびJATMAが協力して粘着テープの試験方法の
 国際規格化(ISO化)の検討を行い、2007年12月に以下の3試験法がISOと
 して制定された。
  ISO 29862 粘着力の試験方法
  ISO 29863 保持力の試験方法
  ISO 29864 引張り強さと伸びの試験方法

4)JIS規格のISO規格への整合と見直し
 粘着テープの試験法で主要な3試験法が2007年にISO化されたことに伴い、
 従来のJISをISOに整合する必要があり、関係するJISの10規格を2009年に
 改正した。

5)引きはがし粘着力試験方法の注意点
 JIS Z 0237(2000年版)の引きはがし粘着力は、粘着テープを試験板にローラ
 圧着後、5分以上静置してから測定を開始することになっていたが、ISOに
 準拠した2009年版のJISは、ローラ圧着後1分以内に測定を開始することに
 なっている。しかし、圧着直後は粘着力の上昇が大きいことが実験的に
 明らかになっており、測定開始までの時間差によるデータのばらつきが
 生じやすい。そこで、この規定内でより安定したデータを得るためには、
 ローラ圧着後、50〜60秒後に測定を開始することが望ましい。
 (この内容は、JIS Z 0237(2009年版)の解説に記載してあります。)

 
   
Copyright (C) 2014 JATMA All Rights Reserved.  
日本粘着テープ工業会 JATMA 日本語ページ JATMA ENGLISH PAGE