粘着テープ | テープ | 粘着 | JATMA

日本粘着テープ工業会 jatmaホーム 日本粘着テープ工業会 JATMA 工業会ニュース 日本粘着テープ工業会 JATMA 工業会概要 日本粘着テープ工業会 JATMA 会員紹介 日本粘着テープ工業会 JATMA お問い合わせ
 
 
日本粘着テープ工業会事業概要
事業活動の詳細
事業活動の詳細
環境問題への取り組み
JISへの取り組み
日本粘着テープ工業会刊行物
 
       
 
 
     
   
日本粘着テープ工業会(略:日粘工)の環境問題への取り組みは、以下の3つに大別されます。

1.政府による特定化学物質の排出量削減管理への対応

  1)VOC(揮発性有機化合物)削減対策
  2)PRTR(特定化学物質の排出量・移動量報告制度)の推進管理
2.外国環境規制対応<例:EUの環境規制物質報告制度(REACH、RoHS)対応処理>

   JAMP(アーティクルマネージメント推進協議会)推奨ガイダンス

3.エコマーク、グリーンマーク認証に関する業界対応
 
1.政府(環境省、経済産業省)による特定化学物質の排出量削減管理への対応
  1)VOC(Volatile Organic Compounds 揮発性有機化合物)削減対策について
   ・大気汚染防止法改正公布(平成16年5月)、施工(同17年4月)
   ・施工内容 VOCの総量を平成12年度から平成22年度までに30%削減する。
   ・経産省においては、業界の自主管理体制作りを推奨し、法規制と自主取り組みの
    ベスト・ミックス化を目指している。
   ・日粘工の対応
     VOC削減分科会(技術部会傘下の部会)を編成して対応
     平成17年度より経産省VOCアンケート報告実施
      (会員:15社、賛助会員1社)
     平成20年度に経産省の自主管理団体加入
     平成22年以降も継続してVOC使用量、大気排出量の数値管理を行っており、
     削減率では自主管理加入団体中トップの成績である。

  2)PRTR(Pollutant Release and Transfer Register)推進管理
     経産省製造産業局化学物質管理課、環境省環境保健部環境安全課に
     よる年度毎の特定化学物質の排出量・移動量報告管理制度
    ・法施工当初、日粘工でPRTR排出量算出マニュアル作成団体に指定され、
     マニュアルを作成した。
    ・当業界は、溶剤使用量が多く、施工年度当初は、排出量順位の上位企業が
     多かったが、VOC削減対策に合わせて、業界努力が実り、目標の平成22年
     度では、順位を大幅にダウンさせた企業が多い。
    ・引き続き、削減管理の推進を企業に働きかけ、業界の環境管理推進に
     努力します。
 
2.外国の環境規制対応
   1)EUのREACH規則
    ・欧州の化学物質管理規則で、2007年6月に発行となった規則
    ・化学物質の登録、評価、認可、制限を統合した新たな化学物質管理規則
    ・化学物質のEUに対する輸出だけでなく、成型品メーカーも規制対象となる。

   2)REACH規則に対する粘着テープの対応
    ・当初のRIP3では、アーティクルに含まれる調剤(意図された放出)に
     分類され総てのテープが規制対象となっていた。
    ・欧、日、米の粘着テープ工業会が協力して、粘着テープは意図された
     放出は無く成型品(アーティクル)と主張し、ほぼ受け入れられた。
    ・意図された放出物として薬剤や香料を含有する粘着テープおよび基材が
     ない粘着剤単体(充填剤なし)は調剤とされたが、それ以外の粘着テー
     プは、アーティクルと認められ規制対象から除外された。

   3)REACH,RoHS関連の特定化学物質含有に関する報告書の作成について
    ・日粘工の技術部会は、2009年11月にJAMP推進分科会を編成し、アーティ
     クルマネージメント推進協議会の推奨を受けて、2010年12月に「REACH
     規則への粘着テープ業界対応ガイダンス(第1版)」を発行した。
    ・その後、アーティクルマネージメント推進協議会の「製品含有化学物質
     管理ガイドライン(第3版)」改正に伴い、日粘工のJAMP推進分科会は、
     ガイダンスの改正を行い、2013年12月に「REACH規則への粘着テープ業界
     対応ガイダンス(第2版)」を発行した。

     JAMPガイダンスダウンロードはこちら→(PDFファイル)

     JAMPアーティクルマネージメント推進協議会ホームページはこちら


   <備考>
    ・粘着テープを分析するに当たり、テープの支持体(基材)と粘着剤を
     完全に分離することは難しく、使用上においても容易に分離できないため、
     当工業会では粘着テープは「一体な成形品」として扱うことを基本的な
     考え方としております。
 
3.エコマーク、グリーンマーク認証に関する対応
  1)エコマークについては、紙基材の粘着テープについて、
    古紙の使用量増加を狙いに認定基準作成に協力してきた。
    ・クラフト粘着テープのエコマーク取得基準
      基材 :古紙配合率40%以上、
      粘着剤:有機溶剤の使用無しが基準

  2)グリーンマーク
    ・(財)古紙再生促進センターの認定事業である。粘着テープでは、
     紙基材でクラフト粘着テープがグリーンマーク取得品となっている。
    ・日粘工会員会社が個々に認定活動を実施している。
 
 
   
Copyright (C) 2014 JATMA All Rights Reserved.  
日本粘着テープ工業会 JATMA 日本語ページ JATMA ENGLISH PAGE